女の人

保育士養成認定校で学び保育士へ|子供は日本の宝なのです!

業務に見合った給料を得る

勉強する女の人

塾の仕事は帰りが遅くなるので、家族の了承が必要です。その分、朝はゆっくりできます。塾の仕事というと、授業だけではなく、営業や事務仕事もあります。授業は自分自身も常に努力をすることで、生徒たちがついてきて、給料もあがっていくことになります。

詳しく読む

注意点と特徴

ステーショナリー

志望校合格を目指す生徒たちに勉強を教えることが塾の主な仕事です。授業形態には個人授業と集団授業があります。指導をする時も決して怒って感情をぶつけるのではなく、理性的に相手を納得させながら叱るようにすることが大切です。

詳しく読む

就職率の高い資格

女性と子供

こども園増加で高まる需要

国が進める「幼保一元化」の政策によって、従来の保育園や幼稚園が「認定こども園」に変わるケースが相次いでいます。従来の保育園は厚生労働省が管轄する福祉施設、幼稚園は文部科学省が管轄する教育施設という位置付けでしたが、その区分をなくして、あらゆる家庭の子育てを支援することが狙いです。こども園の増加に伴い、従来の幼稚園でも0〜2歳児を預かるようになったので、保育士の需要もますます高まっていて保育士は多く求人が出されています。子供は日本の宝なのです。保育士になるためには、高校卒業後に保育士養成コースのある専門学校か短大か大学に進学するのが一般的です。専門学校と短大は2年課程のものが多く、2年の間に保育を学び、保育園での実習も経験するので、忙しい学校生活となります。

選び方とポイント

保育士を養成する学校は全国に多数あり、進学情報サイトなどでも検索が可能です。学校ごとに授業料や施設使用料も異なるので、学校を選ぶときには保護者とも十分に相談することが大切です。実習も多く、ハードなカリキュラムなので、できるだけ自宅に近くて通学しやすい学校を選ぶこともおすすめです。保育士養成認定校であれば、卒業と同時に保育士の資格を取得できるので保育士試験を受験する必要がないので、学校選びのときには必ず確認しておきましょう。こども園においては、保育士と幼稚園教諭免許の両方が求められるようになってきているので、保育園で働くことを志望している場合でも、幼稚園教諭免許を併せて取得しておく方が就職のときに有利になります。多くの資格を身につけておくとさまざまな求人に対応することができます。

精神面でも支える

本を抱える婦人

塾の仕事をする人は、不安定な年頃の生徒を支えることができるような、人格的にも優れている人物でなければなりません。アルバイトの感覚で適当にするのではなく、意識を高く持つことが、仕事の評価にもつながります。評価が良くなると、給料も良くなります。

詳しく読む